看護部紹介

湯河原胃腸病院は『地域に安心と信頼を』を理念に医療・看護・介護を提供しているケア・ミックス病院です。

看護部としては優しさと思いやりを大切にして、患者様に寄り添い、心の通う、信頼と感動を与えられる看護師を目指し、地域の方々へ質の高い看護と介護の提供を努めております。

また当院では、ボランティア活動として、地域で開催される産業祭・農林水産祭りや社協大会等、年間5箇所への医療ブースを出店しておりますが、看護部門も各職種と共に参加することにより、地域の健康を支援するとともに院外においても地域の方々と交流し、顔の見える地域密着型の医療と介護に励んでおります。

看護部長  森田 澄子

看護部理念

地域に愛される質の高い心温まる
看護の実践

1.科学的根拠に基づいた安心・信頼される看護を目指す
2.患者様の生命の尊厳と人格を守る
3.各部門と協働しチーム医療の向上を目指す
4.地域連携・継続看護の充実を目指す
5.自己啓発を重ね、人間的豊かな看護師を目指す

一般病棟

13対1 入院基本料
2交代制 チームナーシング方式
日勤 8:30~17:00/夜勤 16:30~9:00

一般病棟看護目標

患者・家族に安心され信頼される看護を提供する。

基本理念

・生命の尊重、人間の尊厳を守る倫理観を養う。
・多様なニーズに対応し、包括的な看護を提供する。
・医療の進歩に対応していく自覚と誇りを持ち、責任ある仕事を遂行する。
・患者様に必要に応じて最善の看護を目指す。

1. 患者様のニーズに応じた看護実践を行う
(1)観察と確かな判断に基づいた心のこもった看護を提供する。
(2)生命の尊厳、権利、個別性を重視した看護実践を行う。
(3)入院時から、退院後の生活を見据えて看護を行う。
2. 完全・安楽を実践した看護を提供する
(1)EBNに基づいた看護を提供し、知識・技術の習得に励む。
(2)インシデント・ヒアリハットレポート事例を全員で共有し、安全な看護を行う。
3. 看護職員の働きやすい職場を作る
(1)病棟会議で自分の意見を発言する。
(2)リーダーシップ・メンバーシップを発揮し、よりよいチームワーク作りにつとめる。
(3)他部門との連携を蜜にする。
4. 看護を学ぶものに対し教育的環境を提供する
(1)ラダー別研修を行い、段階に応じた教育を実践。
(2)「統一」・「継続」した指導をする。

当院のご案内