内視鏡検査

消化器内視鏡検査というと「苦しい」などのマイナスイメージがありましたが、最近では機器や技術の進歩もあり、そのようなイメージも払拭されて、多くの方が経験する一般的な検査になりました。しかしそれでも苦しいという人もいると思いますが、当院では検査に伴う苦痛を軽減するため患者様の希望があれば注射による鎮静も行っています。また上部内視鏡検査では状況に応じて経鼻内視鏡で行うことも可能です。 内視鏡検査はつらい、怖いといったイメージを持っている方が多いと思いますが、当院では工夫を重ね、安全性を確保した上で検査時の苦痛を最小限にし、できるだけ気楽に検査を受けて頂けるよう心掛けております。

鎮痛剤・鎮静剤を使用します

希望される方に対しては点滴を行いながら鎮痛剤や鎮静剤の注射をしてから検査を行います。意識はあっても少しぼーとした状態(浅い鎮静)から、ほぼ寝てしまっている状態(深い鎮静)まで、患者様の希望にあわせ調節します。 検査後はしばらくベッドでお休み頂く場合があります。

経鼻内視鏡も選択できます

従来の胃カメラ(10mmほど)に比べ、5mm程度とかなり細い内視鏡を使用し、鼻から挿入することができます。
喉の奥の吐き気を感じる場所を刺激しないため、検査中にオェッとなることが少なくなります。また、喉の違和感も少なく済みます。画質はやや劣るため、病気によっては通常の胃カメラをおすすめする場合があります。

当院のご案内