部門紹介

医療法人社団 中山会 湯河原胃腸病院

JR湯河原駅から徒歩5分 医療法人社団 中山会 湯河原胃腸病院|胃腸科、消化器科、外科、内科、皮膚科、肛門科|日本消化器内視鏡学会 専門医制度指導施設、日本外科学会 外科専門医制度関連施設

薬局

薬局では、患者様に安心・安全に薬物治療していただくために、医薬品の適正使用を目指し、調剤や服薬指導などさまざまな業務を行っています。
薬剤師の専門性を生かし、チーム医療の一員として、より患者様の治療に貢献できるよう努力していきたいと考えています。

業務内容

調剤

全ての入院患者様と一部の外来患者様の処方薬の調剤をしています。調剤には、薬を取り揃えるだけではなく、「薬の量が間違っていないか?」「薬の飲み合わせは悪くないか?」などの処方内容のチェックや、アレルギー歴、副作用歴、他医療機関の薬との重複の有無などを確認することも含まれ、疑問があれば医師に確認をとります。
特に入院患者様は入院時に持参していただいたお薬を、薬剤師が必ず確認しています。お薬手帳を携帯してくださるようお願いしています。 患者様ひとりひとりに合った調剤を行っています。錠剤の粉砕や一包化など、お気軽に薬剤師にご相談ください。

注射薬調剤

処方内容をチェックした後に、入院患者様1人ごとに注射薬を1日分ずつセットして病棟に払い出しています。
特に抗がん剤においては、患者様に応じた薬剤の投与量や投与方法、投与スケジュールなどを薬剤師がチェックし、より安全な治療ができるよう努めています。

薬剤管理指導

入院患者様のベッドサイドで、処方薬の説明、副作用の確認、服薬状況の確認などを行います。患者様からの薬に関する相談などにも応じ、薬物療法のサポートを行います。
薬剤師が病棟カンファランスへ参加したり、検査値をチェックしたりすることで、医療スタッフと連携し、患者様ひとりひとりの状態を把握するよう努めています。

医薬品管理業務

院内で採用している医薬品が適切に使用されるように、購入から保管まで薬剤師が管理しています。
医薬品ごとに保管方法や使用期限の長さが異なり、定期的にチェックしています。

医薬品情報管理業務

厚生労働省や製薬会社からの医薬情報を収集、評価、管理しています。数多くの情報の中から、必要に応じて要約し、医師や看護師などのスタッフに提供しています。
また患者様や医療スタッフからの薬に関する問い合わせに関しても、薬剤師が対応して回答しています。

アクセスマップ

医療法人社団 中山会 湯河原胃腸病院

〒259-0303
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥4-3-1

外来受付:
平日  8:30~16:30
土曜日 8:30~12:00
※日曜・祝日休診
標榜科目:
胃腸科・内科・外科・肛門科
麻酔科・皮膚科・甲状腺外来
病床数:
一般病棟   58床
医療療養型病棟 50床

電話:0465-62-7181

ページのTOPへ

スマートフォンサイトへ